石材技能検定 課題作品が出来るまで1

こんばんは。
今日も晴天で日中は割りと暖かかったです。…が、夜はとても冷えてきましたね!
さて、今日も技能検定の練習をやりました。今回は一人です。
技能検定一級ではどんな石の加工をするのかちょっと紹介します。

材料は機械で6面を切った石を使います。
これをノミなどを使って手加工で作ります。
使う石は実は中国製の633と言う石です。
以前は国産の石を使っていましたが、
採石出来なくなったり値段が高騰したりして安価な中国の石が使われるようになりました。
 *石は検定を主催する技能会が指定しています。
この石は歴史が古く中国では石材彫刻用に使われ、比較的柔らかく目の細かい石です。

d0199959_2035816.jpg

まず天場(上面)を指定寸法に加工します。簡単に言うと短く詰めます。
左が加工前、右が加工中です。
下にある道具を使って手で加工します。
左から石頭(セットウ)・ノミ(大)・コヤスケ・両刃
始めにコヤスケと石頭で大きく石を割り、
残ったコブをノミと石頭でトンチントンチン叩いて削っていきます。
ある程度平らになったら両刃で角を出します。↑今この状態です。


d0199959_2044175.jpg

この後ノミと石頭で、角を欠いたり角より低くならない様に気を付けながらもっと平らにしていきます。
その後 “ビシャンノミ” で残ったデコボコを叩いて削って完全に平らにします。
ビシャンノミには色々な大きさがあります。右から左に荒い→細かいになっています。


d0199959_2047412.jpg

はい、平らになりましたね!
手前がちょっと欠けていますがここは後で加工して取ってしまうので問題ありません。
この時点では写真向って奥の背面の線がキッチリと出ていれば左右と前は荒くても欠けても大丈夫です。


d0199959_20532431.jpg

最後に小叩き加工をします。
ビシャンの小さいデコボコの後を両刃で細かく叩いて消します。
表面を完璧に平らにして綺麗な小叩きの横線が入ります。


d0199959_2143667.jpg

…のはずですが、ちょっとムラがありますね    (● ̄▽ ̄●;)ゞ
ビシャンのデコボコが消えましたが完璧ではありません。
ん~、次回はビシャンをもう少し残して小叩きを強くやってみましょうかね。
色々と工夫してみましょう。これは練習ですから。

今日は他にもお仕事があるのでこれでおしまい。
続きは向って左側面からです。また明日やりたいな! (*^m^*) ムフッ

エンディング・テーマはとても良いの見つけました!
ボサノバの名曲のアカペラです!!           d(≧▽≦*d)
歌い手知らず ♪ Agua de beber

素晴らしい!美しいハーモニーですね。元々好きな曲なので余計に耳馴染み良く聞こえます。
敢えて欠点を挙げると…短い!原曲よりも短いですね。もっと長く聞いていたいです。
なのでヘビーローテーションしちゃいましたっ(笑) ♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
で、この人たち誰か知ってますか?…
[PR]
by koichi-loves-yuki | 2010-12-29 21:27 |


<< ちょっと高級納豆 石材技能検定出稽古の巻 2 >>