素晴らしきかなトレッドミル

こんばんは。
トレッドミルって知ってますか?
俗に言うランニングマシンです。ルームランナーとも言いますね。
ボクが行く県立水泳場のトレーニングルームにウォーキング用も入れてなんと8台も納入されています。
ボクは空いていれば一番新しいマシンでいつも走ります。
走行距離・走行時間・時速はもちろん消費カロリー・心拍数・運動強度(mets)まで計れます。
消費カロリー表示はわかりやすく食べ物の絵で表されています。例えば“ハンバーガー250kcal”・“天丼480kcal"など。
それを見ながら次にどんな食べ物が出て来るか楽しみながら走ります。
いい機械だなって思っていまして、今日走る前にインターネットで調べてみました。

え~と、『Senoh』(セノー)社製のトレッドミル『ラボードLX2200』は…あった!
これって一体いくらなのかな?と思って価格を見ると…
d0199959_2284893.jpg

¥1,459,500円(税込)なり。 ひゃくよんじゅうごまんきゅうせんごひゃくえん?
げっ、うちの軽トラ“ゴン太君”よりよっぽど高いやんけ!?
ビックリ、まさかこんな高額なマシンだなんて。
これはあくまでも定価ですので実際の調達価格がいくらかは分かりませんがそれなりにするでしょう。
さすが県立ですっ(笑)

そして現地で改めてご対面。
ん~言われてみれば確かに高そうだ。いつもより神々しく見える。
で、走ってみる。
なんだかいつもより“ありがたみ”を感じる。
スゴイ機械の上をはしっているんだな~。幸せだなあ…思わずほくそ笑んでしまう(笑)
考えてみればトレッドミルってベルトコンベアみたいだな。
って事は時速10km/hで約76kgのボクを運んでいるんだ。
ボクは反対の方向に同じ速度で走るから乗っていられる訳だ。
時速10km/hで約76kgを運ぶ。何kmも。大変だなあ…。

そうか!ボクが大変な時にはトレッドミル君も大変なんだね?
今まで一人頑張っているつもりでいたけど、君も頑張ってくれていたんだね?
気付かなくてゴメンね。そしてありがとう!
これからも一緒に頑張ろうっ。

…なんて事を妄想しているといつの間にか3kmくらい走っていました(笑)
ボクが所属する倫理法人会では『物も生きているから大切に使わせて頂く』
と言う事を教えて頂いたのですが、まさにそんな心境になりました。
これからは使用後の汗のふき掃除も念入りにさせて頂きます。

このトレッドミル君には隠し技があります。それが“ELEVATION”・傾斜機能です。
傾斜角を上げると前部がグウォッ!と上がってきます。中々の迫力です。
3.5kmに差し掛かった時に最大傾斜15度にしてみました。見る見る上がってきます。
そして15度になった時には『まるで壁を登っている』くらいきつくなりました(辛)
もう無理!慌てて0度に戻しましたがゆっくり下がり中々元に戻ってくれません。
運動強度を見ると時速10km/h平坦時に10.5metsだったのが16mets以上になっていました!
恐るべし傾斜機能。

結局今日は4km走りました。ありがとうトレッドミル君。
一旦降りたのですが、そこで気になったのはこのマシンは一体何km/hまで出るのかな?よし、試してみよう。
で、もう一度乗ってどんどん加速。10、12、14…今まで出した事ない速度だ。
もう限界だと思ってモニターを見ると18km/hを表示していました。
はっきり言って全力疾走に近い。もうダメだ!慌ててストップボタンを押しました。
ボクも大変だったけど、トレッドミル君の負担も相当なものでしょう。
最高速度18km/hの世界、これは男と男のガチンコ勝負の世界だなっ。

『トレッドミル君、ボクはいつか君の上で、いや君と一緒に42.195km走るの夢だ。
それまでベルトが切れる事無く、モーターが焼ききれる事無く元気に回っていてくれ…』

…いや~こんなに長々と書くつもりじゃなかったけど、気がついたら変にノリノリでここまで来てしまった(爆)我ながら引っ張ったなあ。
最後まで読んで下さったご奇特なあなたに心からの感謝を申し上げます。
でもこのマシン結構遊べますよ。あなたのおうちにも一台如何ですか?業務用ですけど(笑)
トレッドミル買うなら信頼と実績の『Senoh』社へ

そして
トレッドミル乗るなら県立水泳場へ



今日のトレーニング

ジョギング:4km(10km/h)
水泳   :1km (22分20秒)
腹筋 :80回
体重    :74.5kg

むむっ、二日連続の効果が出てきたぞ!
明日も頑張って一気にブレイクスルーするか?
…明日は飲み会だった。
残念、でも飲み会楽しみ~(笑)
[PR]
by koichi-loves-yuki | 2010-12-01 23:10 | ダイエット


<< しずおかツイッター大交流会 石のある生活・傘立ての巻 >>